青と山と白と雨と

小説とその他の記録です

読み終わった

読み終わった。

「水星播種」が面白かったなあ。読めてよかった。

面白かった。チェインのああいうところが好きなんだよなあ。

このシリーズ、初めて読んだの、もう20年も前なのか…。…あの頃、東京創元社の本を読みあさっていた。楽しみだなあ。

ずっと読んでる本が読み終わらなくて、次にいけなくてつらい。やばい。体調も崩していて、なかなか思うようにいろんなことができない。健康な体がほしい。

最近、スーパーできいた曲が、懐かしい曲で、バックストリートボーイズの曲だと思ってたらBlueの曲でびっくりした。Blueの曲だと

One Love

Blue - One Love - YouTube

がいちばんすきだ。

2004年頃なにをきいていたか考えたけど、たぶんベラドンナの「ハバネラ」をいちばんきいていた。別の世界に行ける気がした声で曲だった。またききたいな…

ああ、会社に行きたくないなあ。忙しくて疲れてしまった。

読んでる

最近気になる本。

よみたい。

最近NHKの海外に駐在している方たちの記事を読んだけど面白かった。

読まないといけないと思って読んでいる本は全然読みすすまないのに、読んでみようかなと思った本は一瞬で読み終わってしまうのはなんでなんだろう。

SFだった。上手い。うーん上手かった。

あらすじから、ファンタジーなのかSFなのかよくわからない話なのかなと予想してたら、全然違った。SFだった。家族史として話し(書き)始められた物語が最後、あんなところまでいくとは。

読み終えてから、作者はよく考えて、ひらがなで書き始めたんだろうなと推察した。ひらがなといい、読みやすいリズムといい、上手いなあと思った。

不思議だと思うところもあった。甥との関係が不思議だった…甥がそんなふうに考えるだろうか…、人間の心をそんなふうに操れるものだろうか。主人公は甥を虐待してないからグルーミングじゃない気がするし…。こういう不思議だなと思うところもあるけど(脳は老いないのかなとか)、私が読解できてないだけだろう。不思議だと思うところはあっても、すごかった。面白いというより、うまいわあと思った本だった。

 

最近

「龍と苺」最新話を読んだけど、やはり宇宙猫の顔のまま終わった。SF…? このままSFになるん…??

みすずのメルマガがきていたので、以下よみたいと思った本。みすずのホームページのデザインすきだわ~。

よみたい~なー…

きになる…

いま読んでるのはこれ。

顧適(グー・シー)の「生命のための詩と遠方」、面白かった。

その後の十八年間で、先輩は起業し、投資し、結婚し、出産し、上場企業の社長になり、僕は十八年かけて、残業し、家を買い、離婚し、借金し、リストラされ、無職になった。

この成功者に見える「先輩」と、人生でいちばんつらいであろう状況にある「僕」が主役の話なのだけど、とても面白かった。現代社会を主役二人の対比で表しながら、深海、海洋汚染、海中のプラスチックごみといった現代の問題が、魅力的で壮大な状況・シーンに発展したのが面白かった。

ほかの作品も面白くて(「仏性」とか)、中国から面白いSFがたくさん生まれているんだなあと思った。科学に興味がある作家さんが多いんだろうな。

わたしのアイドル

あまりにも重い愚痴をききつづけたわたしを癒してくれた、わたしのアイドル。

【在宅勤務】ギンギラギンにさりげなく(近藤真彦) アカペラbyリストラーズ - YouTube

ありがとうリストラーズ。なぜこの動画に癒されたのかよく分からないけどめちゃくちゃ癒されました。

ありがとう筒美京平。やっぱり筒美京平の曲すきだわ~。

明日からも頑張るか~。

 

さえずり

いまになってみればTwitterをやめてよかったと思うことのほうが多いけど、イベント情報を知ることができなくなってしまったのは不便だ。本屋さんとか絵(個展)のイベントとかを知りたいけど、もう知ることが簡単ではない。

図書館がすぐ近くにあるのに足が向かないのはなんでなんだろう。

 

この本が面白そうだと思った。

読みたい。

気になる。

《ドンキー・アーカイヴ》vol.1「男たちと、その傷」をぜんぶ読んだ。面白かった。

そういえばあれをまだ読んでない。

 

 

いつか読むのかな…

早く「龍と苺」を読みたいな…あれから一週間か…思い出すたびに宇宙猫の顔になっている…

ああ…キャロットケーキ食べたい…

ディストピア?

ディストピア

店内に入ると、こどもたちが、最近よく耳にする、あの猫の動画の歌を合唱していた。自分があの猫の動画のなかに入ったみたいだった。

残業

最近、心が具合が悪い気がするのでもう残業したくないなという気持ちでいっぱいだ。

星新一賞の受賞作をいくつか読んだら面白かった。

日経「星新一賞」受賞作を読む 理系的発想力が生む文学 - 日本経済新聞

ほかにも読みたい本があって手元においてある。楽しみだな~。

最近これが気になりました。

 

気になる本

読みおわりました。なにもかけぬ…

著者インタビューも読んだ。

「方舟」夕木春央さんインビュー 「愛されないことの責任はどこに」ミステリーで問う|好書好日

こちらも講談社。読み終わった。

北見隆さんの装画と装丁が、ほんとに素敵。本を持って読むときにしっくりくる感じとか、持ってて疲れない本のかたちと重さとか、本をななめにするとカバーがきらきらするのとか、カバーと表紙がデザインが全然違うのとか、うっとりしてしまった。そして、もちろん内容はとても面白かった。いちばん面白かったのは「月蝕」。読んで思ったのは、自分はやっぱり「ゆりかご」で「養成所」で「墓場」の学校の話が好きなんだよなってことだった。理瀬シリーズ、黄昏以降読んでないから読もうかな…。

以下は最近気になる本。

 

 

 

気になる本

今日は、本をかった。

『彼らは廃馬を撃つ』が好きなのだけど、ほかの本も読んでみたかったから出版されてうれしい。

ほかにもこれが気になる。

 

 

YouTubeが久しぶりに、自分の好みにあう、でも自分はその存在を知らなかった曲を紹介してきてびっくりした。

Giolì & Assia - Silence (Official Video) - YouTube

なんかシステム変わったのかな…。